ダイエットに最適な食べ物はどんなものがある?意外な食べ物も!

暖かい季節になり、薄着で過ごすことも増えてきましたね。

春らしい軽めのワンピースやミニスカートを身につけて、
思いっきりおしゃれしたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

ただ、そうなると気になるのが二の腕や太もも、おなか周りですよね。

ダイエットしなきゃ!とは思うものの、ハードなものは続ける自信がないし、
できれば食事制限もしたくない・・

という方にこそ役立つ情報を、ここではお届けします。

上手なダイエットとは、体に負担をかけずに長く続けられるものなのです。

ダイエットに最適な食べ物や食べ方の知識を正しく身につけ、
健康的に体重を落として、美しいスタイルを手に入れましょう!

ダイエットをしていく上でやっぱり基本は食事の見直し!

食事内容の見直し体を動かす習慣をつけることなど、
基本的なことから始めるのがダイエット成功の秘訣です。

忙しい日常の中でついつい早食いしてしまったり、
朝食を抜いたりしてしまっていませんか?

やせる“食べ方”の3か条

よくかんで食べる

早食いは食べすぎのもとです。

よくかんで食べることで、唾液が十分に分泌され、消化・吸収を助けます

胃腸の負担を減らすことは内臓の状態を良くし、
代謝を上げることにつながり、結果として やせやすい体質になります。

時間をかけて食べる

よくかんで時間をかけながら食べることで満腹中枢が働き、食べ過ぎを防ぎます。

最低でも1口に30回は噛むことを心がけましょう。

一日3食を心がける

忙しいからという理由や、カロリー制限のために食事を抜くことが多くなると、
体は飢餓状態と勘違いして、エネルギー源である脂肪を溜め込みやすくなります。

カロリー摂取量を減らしたつもりが、
かえって太りやすい体質を作ってしまっているんですね。

忙しくてもなるべく3食きちんと食べるようにしましょう。

ただし、胃もたれや消化不良など胃腸の調子がすぐれないと感じるときは、無理に3食食べようとせず、
胃腸を休ませるために敢えて1食ぬく、というのも身体の調子を整えるための一つの選択肢です。

うまくダイエットを進めるには食事に野菜を!効果的なメニューは?

カロリーが少なく、ビタミンやミネラル豊富野菜は、ダイエッターの強力な味方です。

ただしカロリーが少なく身体に良いからと言って、
野菜サラダだけを食べるような食生活もバランスを欠きます。

炭水化物・タンパク質・脂質は基本となる栄養素なので、
むやみに制限すると代謝機能が働かなくなり、体内のバランスが崩れてしまいます。

身体に必要な栄養をきちんと取った上で、野菜を食べて代謝機能を促進することが、
余分な脂肪を燃焼させる最も効果的で健康的なダイエットの第一歩なのです。
(そこに適度な運動が加わるとパーフェクトですね!)

では、ダイエットにオススメな野菜をご紹介します。

大豆

ビタミンB群やパントテン酸が豊富で、脂肪のもととなる糖質を分解するのを助けてくれます。

豆腐や納豆を積極的に食べましょう。

しょうが

しょうがに含まれる辛み成分が身体を温め、
代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくしてくれます。発汗効果も期待できます。

カリフラワー

カリウムが豊富で利尿作用があるため、むくみに効果的です。

ビタミンCも豊富なため、ストレスの多い人や美肌になりたい人にも効果的です。

レタス

レタスには食物繊維が豊富に含まれ、余分なものを体外に排出する効果を促進します。

またビタミンB1も多く含んでいるので糖質の分解を促進する効果も期待できます。

もやし

もやしは他の野菜と比べてもカロリーが低く、
また安価で手に入ることからダイエット食品として利用する人が多くいます。

食物繊維やビタミンCが豊富に含まれます。

もやしの先に豆がついた大豆もやしは特に栄養価が高いので、
豆のついたものを選びましょう。

では、1日にどれだけの量の野菜を食べればいいのでしょうか?

食物繊維やビタミンなどの成分を十分に摂取するためには、
「野菜は1日に350g以上」食べることが望ましいとされています。

生野菜なら両手にいっぱい乗る程度が目安です。

けっこうな量ですね。

生野菜はかさがあってなかなかこれだけの量を1日で消費するのは難しいかも

しれません。

そんな時は煮物や鍋、スープにして煮込めばたくさん食べられます。

でも、朝の忙しい時や疲れて帰宅した後に煮込み料理を作るのは、
ハードルが高いと感じる人も多いでしょう。

そんな時は電子レンジで蒸し野菜がおすすめです。

耐熱皿に生野菜のスライスを入れて軽く塩をふりラップをふわっとかけて950wで2分ほど。

固ければ様子を見て時間を追加してください。

塩ではなくお好みでポン酢などをかけても良いですね。

蒸し野菜は手軽にできるだけでなく、
茹で野菜に比べて水溶性ビタミンの流出が少ないため栄養価も高いですし、
生野菜に比べて身体を冷やす心配もないので良い事ずくめですね。

食事を中心にするダイエット方法は短期間で効果が出ない!?

ここまで見てきたように、健康的にやせるダイエットというのは、
食生活を正すことから始まり、代謝の良い身体づくりを目指すものであるとお分かりいただけたと思います。

すぐにやせたいのに、効果が出るまでとても時間がかかりそうだと思われたかもしれません。

しかし、てっとり早くやせたいからと食事を抜いてカロリー制限ダイエットをしたとしましょう。

タンパク質が足りなければ髪や爪に栄養が行きわたらず、潤いが失われます

脂質や糖質が足りなければエネルギー源が足りなくなり、
筋肉からエネルギーが消費されることになり、疲れやすい身体になってしまいます。

せっかくスリムな身体を手に入れてもこれでは美しい身体とは言えませんよね。

正しい食べ方をマスターし、適切な栄養をとることが美しい身体を手に入れる最も重要な近道なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

忙しい生活の中でも規則正しい食事を心がけ、
野菜をうまく取り入れて代謝の良い身体づくりを目指し、
健康的にやせる習慣を身につけましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする